木の器やカトラリーのお取り扱いを始めました(くるみ川木工所・小倉広太郎さん)

無垢の木から生まれる美しい器やカトラリー、キッチン小物のお取り扱いを始めました。

作り手は、滋賀県甲賀市土山町に「くるみ川木工所」を構える、小倉広太郎さんです。家具職人としてご活躍の小倉さんですが、「生活の中でいつまでも大切にしたいと思えるような質感をだせるように」というお気持ちが、シンプルで繊細な小物にもつまっているように思います。

140711-1

140711-2

れんげ。適度な細みで、先に向けてシャープになっていて、食べ物を口に運びやすい形です。底が平らで、持ち手のところがすっと立ち上がった姿がきれいです。写真の素材は桜。サイズは大小あります。

140711-3

140711-4

バターナイフ。とても軽く、手になじみます。朝のパンの時間もこのナイフひとつで気分よくなりそうです。写真(上)の素材は、上から栗、チェリー、ブラックウォルナット。

140711-5

140711-6

4寸プレート。お菓子をのせるのにぴったりのサイズです。コースターとしても。艶やかな表面の中心に、彫りが施されています。手仕事ならではの細やかさで、上品な印象です。素材はメープルとブラックウォルナット。

使い込むうちに変化する色や雰囲気を楽しみながら、長く使いたい小倉さんの木の小物。お取り扱いの商品も少しずつ増やしていきたいと思っています。