カテゴリー:「新入荷のお知らせ

【新入荷のお知らせ】数納賢一さんの器、お取り扱い始めました

茨城県・笠間の作家、数納賢一さんの器のお取り扱いを始めました。

今回は粉引の器を中心に作っていただきました。

ぽったりとしたオフホワイトに、土の鉄分による点々。

派手なところはなく、「あくまで主役は料理」というような、静かな雰囲気の器です。

どんなお料理にも合わせやすく、ほかの器とけんかもしにくいので、ついつい出番が多くなりそうです。

151209数納賢一_粉引皿_1

 

151209数納賢一_粉引皿_2

151209数納賢一_粉引皿

リム皿。4寸、5寸、6寸とあります。

151209数納賢一_飯碗_1

飯碗。女性やお子さまに合う小ぶりなサイズです。

151209数納賢一_輪花鉢_2

151209数納賢一_輪花鉢_1

輪花鉢。地味な色になりがちな煮物も、きれいに見せてくれます。

151209数納賢一_マグ_1

151209数納賢一_マグ_2

マグカップ。ヒビのような貫入が見られます。

151209数納賢一_片口_1

151209数納賢一_片口_2

この片口のみ「灰粉引」。釉薬が薄緑のように見えるところも。

楕円の形が持ちやすく、お酒以外にもドレッシングやポン酢にと、ひとつあると便利です。

 

  • 粉引リム皿 4寸 (径13cm×高さ1.8cm) 1000円
  • 粉引リム皿 5寸 (径15.5cm×高さ2.3cm) 1600円
  • 粉引リム皿 6寸 (径18cm×高さ2.3m) 1900円
  • 粉引飯碗 (径12cm×高さ5.3cm) 1800円
  • 粉引輪花鉢 (径17.5cm×高さ7.5cm) 2600円
  • 粉引マグカップ (径9cm×高さ8cm 容量約200ml) 1800円
  • 灰粉引片口 (径12.5cm×8.5cm×高さ7cm 容量約200ml) 2000円

*価格は税抜きです。

*商品のお問い合わせは、お電話かメールでお気軽にどうぞ。

【新入荷のお知らせ】石黒剛一郎さんの輪花鉢・角皿

愛知県瀬戸市で作陶されている石黒剛一郎さんの器を入荷しました。

15116石黒剛一郎_輪花鉢5

15116石黒剛一郎_輪花鉢6

15116石黒剛一郎_輪花鉢2青瓷(せいじ)輪花鉢。

グレーのようにも見える淡いブルーに、ヒビのような貫入が茶に染められています。

釉薬がぽってりとしていて、優しいアンティークのような雰囲気です。

15116石黒剛一郎_輪花鉢4輪花鉢はサイズがふたつ。

大きいサイズは煮物やサラダ、唐揚げなど、おかずを盛るのに。

小さいサイズは和え物などの小鉢として。

素朴なお料理も上品に見せてくれます。

15116石黒剛一郎_長皿

15116石黒剛一郎_長皿2

青瓷長角皿。

小ぶりなサイズで、卵焼き、きんぴらなどひとり分のお惣菜、チーズやデザートに。

15116石黒剛一郎_正角皿2

15116石黒剛一郎_正角皿1

こちらも小さめの青瓷正角皿。

和菓子にぴったりです。

  • 青瓷輪花鉢(大) (径19.5cm×高さ6cm) 5000円
  • 青瓷輪花鉢(小) (径13cm×高さ3.5cm) 2500円
  • 青瓷長皿 (17.2cm×10.5cm×1.8cm) 2500円
  • 青瓷正角皿 (12.5cm×1.8) 2500円

*価格は税抜きです。

*商品のお問い合わせは、お電話かメールでお気軽にどうぞ。

【新入荷のお知らせ】山本泰三さんの飯碗・丼鉢・小皿

信楽・山本泰三さんの新入荷の器から、今回は渋めの雰囲気のものをご紹介します。

秋冬の食卓をしっとり温かくしてくれそうな器です。
151108山本泰三スリップ飯碗_4151108山本泰三スリップ飯碗_2

化粧土で細かなラインが施されたスリップ飯碗。

グレーのラインがところどころ盛り上がっているのが指で感じられます。

深い緑のような、こげ茶のような、赤茶のような…表面の色の変化が趣があります。

151108山本泰三スリップ飯碗_3

内側は、黒に近い深緑のような落ちついた色。白いご飯が映えそうです。

こちらの飯碗は、大小のサイズがあります。

151108山本泰三_鉄釉深鉢

151108山本泰三_鉄釉深鉢2

151108山本泰三_鉄釉深鉢3

内と外で表情の異なる深い丼鉢。

外はマットな鉄釉。内側は艶があり、青みがかったベージュのような釉薬が流れています。

151108山本泰三_鉄錆深鉢1

151108山本泰三_鉄錆深鉢2

こちらの深鉢は、鉄が錆びたようなかっこよさがあります。

マットで少しざらりとしています。

151108山本泰三_刷毛目小皿1

151108山本泰三_刷毛目小皿2

刷毛でぐるりと文様が施された小皿。上の飯碗と同じ釉薬です。

石が浮き出ていたり、鉄分が黒い点々となって表れていたり。

素朴なおまんじゅうが似合いそうです。

 

  • 野鉄釉スリップ飯碗・大 (径14cm×高さ6cm) 3200円
  • 野鉄釉スリップ飯碗・小 (径12cm×高さ5.5cm) 2700円
  • 野鉄釉深鉢 (径17.5cm×高さ10cm) 3800円
  • 鉄錆深鉢 (径17cm×高さ9.5cm) 3200円
  • 野鉄釉刷毛目小皿(径11cm×高さ1.5cm) 1700円

*価格は税抜きです。

*商品のお問い合わせは、お電話かメールでお気軽にどうぞ。

【新入荷のお知らせ】宗陶苑さんの登り窯の器

信楽の窯元・宗陶苑(そうとうえん)さんの新入荷の器の中から、登り窯で焼かれた器をご紹介します。

宗陶苑さんの登り窯は日本最大級で、山の斜面を利用した部屋が11もあります。

燃料には赤松が使われています。

151106宗陶苑_緋紋4寸皿1

151106宗陶苑_緋紋4寸皿2

焼き締めの4寸皿。小さなお皿の中に炎がつくるさまざまな表情を見てとることができます。

3つの「緋紋」がなんだかかわいらしくも。

和菓子はもちろん、クッキーやチョコレーにも。しっとりと落ち着いた雰囲気になります。

151106宗陶苑_白窯変5寸皿1

151106宗陶苑_白窯変5寸皿2

白窯変5寸皿。「窯変(ようへん)」とは、炎の性質や釉の具合などにより器が予期しない色や形になることをいいます。

この5寸皿も、同じ釉薬でも強いオフホワイトだったり、薄いピンクのように見えたり、素地の土色が表れていたりとさまざま。

お取り皿によいサイズです。

151106宗陶苑_三つ足小鉢2

151106宗陶苑_三つ足小鉢1

こちらも白窯変の三つ足小鉢。当店でもとても人気のあるうつわです。

足があるので盛り映えがしますが、気取ったところはなく、お漬物やお浸し、ナッツやオリーブなど幅広く使えます。

宗陶苑さんの登り窯での窯焚きは、窯詰作業に約40日、窯焚き7昼夜、さましに3日、窯出し、窯の補修などに10日と、50~60日かかるそうです。

陶工さんたちが心が込め、手間ひまかけてつくりだした器は、本当に表情が豊かです。

ぜひ店頭でお手に取ってご覧ください。

*商品のお問い合わせは、お電話かメールでお気軽にどうぞ。

【新入荷のお知らせ】宗陶苑さんのマグ・湯呑・飯碗

信楽の窯元・宗陶苑(そうとうえん)さんより、新しい器をさまざま入荷しています。

今回はその中から、マグ、湯呑、飯碗をご紹介します。

151101宗陶苑_掛分マグ1

151101宗陶苑_掛分マグ2

上はほんのりブルー、下は薄いピンクの掛け分けマグです。

ピンクの釉薬のところは貫入がきれい出ています。

151101宗陶苑_湯呑1

151101宗陶苑_湯呑2

焼き締めのとてもやさしい色合いの湯呑。手にすっぽりおさまる小さめのサイズです。

土に含まれている石がところどころに表れています。

151101宗陶苑_湯呑3

内側は白い釉薬がかかっているので、お茶の色がきれいに見えますね。

151101宗陶苑_マット釉飯黄1

151101宗陶苑_マット釉飯碗黄2

ご飯茶碗も、口縁と内側に釉薬がかかっています。

こちらは薄いからし色。

お子さまにもちょうどいい小ぶりのサイズ。

151101宗陶苑_マット釉飯碗青1

151101宗陶苑_マット釉飯碗青2

薄いブルーもあります。

釉薬の流れが、動きのある豊かな表情にしています。

151101宗陶苑_マット釉飯碗1

 

*商品のお問い合わせは、お電話かメールでお気軽にどうぞ。