Archives

【入荷のお知らせ】山本泰三さんの器

信楽の山本泰三さんの器を入荷しました。

新入荷の器から人気の高かった再入荷のものまで、種類も豊富にそろっています。今日はその一部をご紹介します。

YT0076_1

YT0076_2

灰釉線彩小丼鉢。

釉薬のグラデーションが軽やかな印象に。

胴がきゅっと締まっていて、麺や丼のご飯を上品に見せてくれます。

YT0090_1

YT0090_2灰粉引窯変8寸浅鉢。

淡いブルーの釉薬の流れが、表情豊かに。

灰粉引窯変8寸浅鉢

YT0087_2濃紺八角皿。

器の形に変化があると、食卓が一気に楽しくなりますね。

YT0072_1

YT0072_2

粉引湯呑。

お茶の色をよりきれいに見せてくれそうです。

YT0074_1

YT0074_2

野粉引小鉢。

やや小ぶりですが、お抹茶の器としても。

*商品のお問い合わせは、お電話かメールでお気軽にどうぞ。

【新入荷のお知らせ】河原崎優子さんの飯碗・片口・豆皿

滋賀県・信楽の河原崎優子さんの器を新入荷しました。

151222河原崎優子_飯碗

飯碗。左からピンク、キャラメル、カーキ、黒、青の5色あります。

151222河原崎優子_飯碗C1

151222河原崎優子_飯碗C2

こちらは明るいキャラメル色。

表面に鎬(しのぎ)が施されています。

色によってはヒビのような貫入がきれいに見られます。

ぽてっとした見た目ですが、持ちあげると軽くて、疲れないところも魅力です。

151222河原崎優子_飯碗2

ご家族で色違いでそろえるのもいいですね。楽しい食卓になりそうです。

151222河原崎優子_飯碗2

151222河原崎優子_花模様小鉢2

同じ作り手さんでもがらりと雰囲気は変わりますが、こちらはオフホワイトが美しい半磁器の小鉢。

半磁器は、陶器と磁器の性質をあわせもち、陶器よりも染みにくく強度があります。

さりげなさがかわいい花の模様。表面に4カ所彫られています。

151222河原崎優子_片口1

151222河原崎優子_片口B2

こちらも半磁器の片口。

表面には細かな鎬。

口縁にはピンクのようにも見える薄いブラウンの釉薬が施されています。

釉薬が染みているところも手仕事ならでは。

深くて口も広いので、サラダや和え物、イチゴなどのフルーツを盛るボウルとしても活躍します。

151222河原崎優子_片口G1

グレーもあります。

ブラウンもグレーもやさしい風合いです。

151222河原崎優子_豆皿B1

151222河原崎優子_豆皿B2

151222河原崎優子_豆皿G1

半磁器の豆皿。こちらもブラウンとグレーがあります。

小さな豆皿にも繊細な鎬が施されています。

釉薬の濃淡がすてきですね。

染みにくいのでお醤油皿としても使いやすいですし、お塩や薬味などに。

 

  • 飯碗・小 (径11.5cm×高さ6cm) 1800円
  • 花模様ライン小鉢 (径12.5cm×高さ4.5cm) 2400円
  • 半磁片口 (径13.5cm〈注ぎ口含む〉×高さ7.8cm 容量約350ml) 3000円
  • 半磁豆皿 (径8.8cm×2.2cm) 1200円

*価格は税抜きです。

*商品のお問い合わせは、お電話かメールでお気軽にどうぞ。

 

 

 

【新入荷のお知らせ】河合正光さんの青磁・黄磁

滋賀県大津市の河合正光さんから、新しい器が届いています。

河合さんの繊細な磁器のなかから、今回は青磁と黄磁の器を作っていただきました。

151213河合正光_青磁いっちん湯呑_1

151213河合正光_青磁いっちん湯呑_2

青磁いっちんうず湯呑。

透明感がありながらも、やわらかく冷たすぎない青。

緑茶の色もきれいに見えそうです。お酒にも合いそうですね。

表面に、細くとても繊細なラインのうず模様が入っています。

51213河合正光_青磁小鉢_1

151213河合正光_青磁小鉢_2

青磁小鉢。

シンプルなデザインですが、上品でキリリとした立ち姿です。

51213河合正光_青磁輪花小鉢_1

151213河合正光_青磁輪花小鉢_2

青磁輪花小鉢。

大きく開いた輪花の形が、どんなお料理も見栄えよくしてくれます。

深さも大きさも、とても使いやすい小鉢です。

151213河合正光_黄磁輪花皿_1

151213河合正光_黄磁輪花皿_2

そしてこちらは黄磁の輪花皿。

河合さんの黄磁はとてもやさしい色をしています。

微妙な違いですが、白磁にはない穏やかな雰囲気。

この輪花皿は、取り皿にしたり、ケーキや和菓子に。

151213河合正光_黄磁いっちん茶碗_1

151213河合正光_黄磁いっちん茶碗_2

黄磁いっちん茶碗。

この小さなつぶつぶがなんともかわいらしく、指で触れたときのぽこぽこした感覚もまた楽しくなります。

 

  • 青磁いっちんうず湯呑 (径9.3cm×高さ7.2cm 容量約180ml) 3000円
  • 青磁小鉢 (径11cm×高さ4.6cm) 2500円
  • 青磁輪花鉢 (径14.5cm×高さ4.5cm) 2500円
  • 黄磁輪花皿 (径14cm×高さ2.5cm) 2100円
  • 黄磁いっちん飯碗 (径11.2cm×高さ6.2cm) 3400円

*価格は税抜きです。

*商品のお問い合わせは、お電話かメールでお気軽にどうぞ。

 

【新入荷のお知らせ】宗陶苑さんの登り窯の器

信楽の窯元・宗陶苑(そうとうえん)さんの新入荷の器の中から、登り窯で焼かれた器をご紹介します。

宗陶苑さんの登り窯は日本最大級で、山の斜面を利用した部屋が11もあります。

燃料には赤松が使われています。

151106宗陶苑_緋紋4寸皿1

151106宗陶苑_緋紋4寸皿2

焼き締めの4寸皿。小さなお皿の中に炎がつくるさまざまな表情を見てとることができます。

3つの「緋紋」がなんだかかわいらしくも。

和菓子はもちろん、クッキーやチョコレーにも。しっとりと落ち着いた雰囲気になります。

151106宗陶苑_白窯変5寸皿1

151106宗陶苑_白窯変5寸皿2

白窯変5寸皿。「窯変(ようへん)」とは、炎の性質や釉の具合などにより器が予期しない色や形になることをいいます。

この5寸皿も、同じ釉薬でも強いオフホワイトだったり、薄いピンクのように見えたり、素地の土色が表れていたりとさまざま。

お取り皿によいサイズです。

151106宗陶苑_三つ足小鉢2

151106宗陶苑_三つ足小鉢1

こちらも白窯変の三つ足小鉢。当店でもとても人気のあるうつわです。

足があるので盛り映えがしますが、気取ったところはなく、お漬物やお浸し、ナッツやオリーブなど幅広く使えます。

宗陶苑さんの登り窯での窯焚きは、窯詰作業に約40日、窯焚き7昼夜、さましに3日、窯出し、窯の補修などに10日と、50~60日かかるそうです。

陶工さんたちが心が込め、手間ひまかけてつくりだした器は、本当に表情が豊かです。

ぜひ店頭でお手に取ってご覧ください。

*商品のお問い合わせは、お電話かメールでお気軽にどうぞ。

【新入荷のお知らせ】今井純さんの黒のマットな器

滋賀県・信楽の作家、今井純さんのうつわを入荷しました。

マットな質感のやわらかな黒のうつわです。

151023今井純_飯碗1

151023今井純_飯碗2

こちらは飯碗。丸みのあるボウルのような形で、小鉢としても使いやすいです。

しわが寄ったような表面は、器を焼くときの窯の酸素量を調節して出しています。

手になじむ、ほんのりざらりとした質感です。

151023今井純_ビアカップ

151023今井純_ビアカップ2

ビアタンブラー。容量は300mlほどです。

腰のくびれが持ちやすくなっています。

151023今井純_ぐい吞み

ぐい吞み。

151023今井純_ミニ花入れ

そしてこちらは、モノトーンのミニ花入れ。

高さは5.5cmmほどで、手のひらにのるサイズです。

キッチンなどのコーナーにさりげなくお花を飾るのにちょうどいいですよ。

  • 飯碗 (口径11.5×高さ6cm) 2200円
  • ビアタンブラー (口径8.5×高さ11.5cm 容量約300ml) 2400円
  • ぐい吞み (口径7.5×高さ4cm) 2400円
  • ミニ花入れ (高さ5.5cm) 1600円

*価格は税抜きです。

*商品のお問い合わせは、お電話かメールでお気軽にどうぞ。

 

2 / 212